のメールボックスは常にパンパンだ。

毎日、毎日、読者から「悩みメール」が来る。

 

 

・・・しかし、それよりも多いメールが、

 

 

「パルメルの思考回路を知りたい・・・どーしても・・・」

 

 

数年前に、約30名ほどのコンサルを「高額」で行ったことがある。

・・・でも、今は行っていない。

 

 

それには、深い理由があるからだ。

 

 

その深い理由とは・・・

 

 

この世に本物は「たくさん存在しない」と分かったからだ。

 

 

約30名の「高額コンサル」をやり、

稼げるようになったのは若干「7名」・・・

 

そのとき、私が感じたこと・・・

それは、23名が「本物」ではなかったということ。

 

 

しかし、23名を「本物」に作り上げなかったのは、私の責任なのかもしれない。

 

 

  • 教え方がマズかったのか?
  • 私が教えることに向いていないのか?
  • 方法、手順を誤ったのか?

 

 

・・・と、当時は主観的に物事をみて判断していたのである。

 

 

しかし・・・

 

 

客観的に物事を考えると「23名」という数字ではなく「7名」という数字を見ることも出来る。

 

 

つまり、成功確率は「約30%」。

 

 

この成功確率「30%」という数字。

あなたにはどのように感じ、どんなイメージを抱くだろうか?

 

 

勿論、あなたと私。

 

 

そして、第3者から見る感覚に誤差が生じるだろう。

 

 

でも、私の観点からいうと・・・かなり高確率ではないかと判断している。

 

 

例えば、第3者の目。

この者たちは「社畜」であり会社の「奴隷」なわけで、会社という檻の中から物事を判断している。

だから「30%」という数字を見たら「大したことはない」と判断するのだろう。

 

 

しかし・・・

 

 

これが、起業を目指している人間ならどーだろうか?

・・・いや、それでも弱者は「30%」という数字より「100%」の方に食らいつくに決まっている!

なぜなら、「100%」の確率で成功しなければ起業できないと思っているから。

 

 

成功しなければ会社を辞め、奴隷から解放されないからだ。

勿論、真っ当な考え方だろう。

 

 

凡人ならね・・・

 

 

でも、成功することなんてそんなに簡単ではない。

「成功」という基準が高い人ならば・・・

 

 

あなたの中での「成功」とはどんな世界なのか?

ただ、会社を辞め、アフィリエイトで稼げるようになり、起業すれば成功なのか?

 

 

・・・いや、違うだろう。。。

 

 

本来の成功は・・・

 

 

何もしなくとも銀行口座にお金が「ジャンジャン」振り込まれる状態を作れた人が「成功」に値すると私は思う。

 

 

その額が、3万だろうと5万だろうと・・・

 

 

でも、3万、5万を稼いだから社畜を卒業できるわけでもない。

つまり、30万円以上は稼がなければ「成功」とはならないのだ。

 

 

私が高額コンサルをして「成功」した人「7名」。

 

 

この数字・・・

あなたにはどう見えますか?

 

 

あなたは・・・素直ですか?
それとも強情ですか?

世の中にはたくさんの人間が存在する。

性格もいろいろ・・・

 

 

その中で、成功できる人はどんな性格の持ち主なのか?

 

 

極々一般的に言われているのが「素直」であること・・・これは間違いではない。

しかし、「素直」でも成功できない人はこの世に腐るほど存在する。

つまり、素直な人間がすべてお金持ちには「なれない」というわけだ。

 

 

では、あなた。

 

素直ですか?

それとも、強情ですか?

 

 

まぁ、成功を志しているのであれば「強情」ではなく、「素直」に違いないと思うのだが。

 

 

私が言いたいことは・・・

 

 

素直な人間が成功しやすいのは分かるが、それよりも大事なことは、

 

 

成功できる「チャンス」を手に入れる「場所」に今現在、立っているのかどうか?

 

 

・・・ということ。

 

 

「チャンス」を手に入れる「場所」に立っていなければ成功などありえないわけで・・・

 

 

成功するという意欲がなければ「場所」を見つけることも出来ないわけで・・・探そうともしないわけで・・・

探し方も分からないわけで。。。

 

 

チャンスが目の前にあっても、その「場所」が成功出来るかなんて判断できないわけで・・・

 

 

つまり、本物の成功者と言うのは、その人が素直であるかなんてどうでもよくて、教える側の「思考」を手に入れたいという「強い欲望」こそが大事なのである。

 

 

強い欲望さえあれば、成功者がどんな人間だろうと盗みにかかる。思考、思想、心理、真理・・・すべて。

だから、成功者がクライアントに合わせてくるのは、弱者的な考え方なのだ。

 

 

例えば、今あなたが孫正義から何かしらのアドバイスを受けるとする。

 

 

言い方が「~しろ!」「そうしなければ破門!」「出来なければやめろ!」と強い口調で言われたらどうだろうか?

 

 

「素直」に引き下がるだろうか?

 

 

もし、「強い欲望」があなたの胸に刻まれているのであれば、強い口調なんて気にしないのではないか?

 

 

成功するのがあなたの目的で、自由になることが目標。また、社畜を卒業したいという「強い意志」があるなら・・・

 

 

そんなこと気にしないでしょ?

 

 

つまり、成功者が教え子に対して与える印象が良ければイイに越したことはないかもしれないが、実は、本物の成功者と言うのは、自分をしっかりと持っているから成功者になれたわけで、「合わせる」といった価値観は備わっていないのである。

 

 

ホリエモン。

 

 

言いたいことを言っている・・・庶民にはただの迷惑オヤジに見えるかもしれない。しかし、ホリエモンのそばには腐るほどの成功者が存在する。

 

 

しかも、その成功者は、そこら辺にいる「成功者」とはわけが違う。

 

 

本物で、何もしなくとも銀行口座に毎日、毎日、お金が振り込まれる人生を歩んでいるのである。

 

 

要は、質が違う・・・

 

 

社畜奴隷マインドしか持ち合わせていない弱者には、こんな話をしても聞く耳を持たないだろう。

 

 

でも、素直に聞き、素直に行動できた人は「一握りの成功者」となれる。

 

 

私が高額コンサルをして「成功」した人「7名」。

 

この数字・・・

 

あなたにはどう見えますか?

 

 

 

カネ儲けの秘密。

それは欲しがらせること。

売るんじゃなくて欲しがらせる。

こちらから「いりませんか?」なんて言語道断。

誰かがなにかを強烈に欲しがらせる状況を作り

「ください!」と言わせる。

カネ儲けはどこまでいってもこれだけだ。

 

 

 

 

どうやったら「欲しがらせる」ことが
出来るのか?

 

 

私は、現在42歳。

コピーライティングに出会ったのは、36歳のとき。

 

 

今でも記憶の中に鮮明に残っている非常識すぎる「衝撃的な出来事」。

 

 

・・・正直、やられた~って思ったよ、一瞬はね。

でも、同時に、高揚感に浸ったよ。

 

 

本当に、オレだけこんな「奇跡」をプレゼントしてくれるのかよ!神様は・・・ってな具合でね。

 

 

非常識すぎる「衝撃な出来事」

 

 

出会ったのは・・・

40歳の冬だった・・・

 

 

毎日、毎日、記事を書き続ける毎日。

私は、記事を書き、読者からコメント&感謝のメールを頂けることに嬉しさを感じていた。

 

 

しかし、コメント&メール、そして毎日メルマガ登録があるにせよ、なにか心の奥底に「物足りなさ」を感じずにはいられなかった・・・・

 

 

物足りなさ???

 

 

そう・・・

 

 

刺激だ。

 

 

コピーライティングに出会い、記事を書けるようになり、そして、世間が羨むような成果も出していた。

 

 

でも、何かが足りない・・・

もしかしたら、贅沢な悩みかもしれない。

 

 

刺激が欲しいなんて・・・・

 

 

記事を書けば、読者が反応し、成約も出来ている。

 

 

でも、人間って「慣れる」ことに、ちょっと違和感を感じることがある。

 

 

違和感とは、マンネリ、つまらなさ・・・

 

 

そこで、私は、コピーライティングに出会ってから「あえて」避けていたことを実行してみることにした。

 

 

ネットサーフィンだ。

 

 

約2年間も避けていたんだからな。

 

 

コピーライティングに出会い、ひたすら記事を書いてきた私は、他のブログなんて読んでいる暇もなく、また、誘惑に負けることを恐れていたから「あえて」ネットサーフィンを避けていた

 

 

でも、刺激が欲しい・・・

なら、やってみるか!

 

 

久しぶりに・・・

 

 

そして、グーグルの検索窓に「コピーライティング」と入力してみる。

 

 

なんだ・・・相も変わらず「きれい事」を並べているタイトルだ並んでいるではないか。

 

 

そして、2ページ目、3ページ目と進んでいく・・・

 

 

何も景色は変わらない。

 

 

・・・もしかしたら、コピーライティングという「最強のスキル」を手に入れ、マスターしたとしても見える景色は以前と何も変わらないのか?

 

 

いや、いや。

きっと違う!

 

 

オレは変わったはず・・・

 

 

そう言い聞かせ次のページへ進んでみた。

 

 

そしたら、4ページ目で手が止まった。

・・・いや、とめてしまった!

 

 

衝撃的な「ワード」を目にしたからである。

 

 

 

 

まてよ・・・

 

 

 

 

コピーライティングを学ぶ前のオレは、こんなワードに反応していただろうか?

 

 

いや、反応していない。

 

だって、こんな聞いたことのない「造語」らしからぬ言葉は知らないから・・・・

 

 

でも、今、目にとまった!

明らかに何かが変わっているオレ。

 

 

現実を受け止め、パソコンに顔を徐々に近づけていった・・・

 

 

間違いない!

 

 

見たときも、聞いたことも、触ったこともないワードだ!

 

 

・・・これは、何かある!

 

 

そう、コピーライティングをひたすら勉強してきたオレには、触れたときのない「景色」がこれから見れる!という確信が「なぜか」あった。

 

 

今この瞬間、オレはパワーアップする!なにが、どーなるのか?さえ分からない。けど、心臓の鼓動は激しい。

 

 

そう、そう、そう、そうなんだ、この感情、この高ぶり、この興奮!!!

 

 

思わず、両手を広げ、すかさず「ガッツポーズ」。

 

 

本当に、嬉しかった・・・この感情こそが、求めていた「刺激」。

 

 

これしかない、これしかない!ウン、ウン、ウン・・・

 

 

行くよ、次のステージに、オレは、どんどん前に、前に進んでやる!

 

 

そして、オレは、1度深呼吸をした。

この余韻をどーしても楽しみたくて・・・

もっと、もっと、この興奮を身にまとってたくて・・・

 

 

よし、よし、よし、じゃ、始めようか・・・

 

 

そう、自分に言い聞かせ、濃度MAXの期待値MAXの「刺激臭」たっぷりのワードに目をやる。

 

 

 

感覚心理

 

 

 

「衝撃的な文言」

「衝撃的な出会い」

「衝撃的な出来事」

 

 

今まで、聞いたことも読んだこともない言葉だ。

 

 

感覚?

心理?

感覚心理???

 

 

ドキドキ・ワクワクが止まらない・・・

 

 

心理は、コピーライティングを勉強する上では必要なスキルだ。

けど、感覚心理と言われると頭の中が「???」だった。

 

 

そして、URLをクリック。

 

 

すると、今まで感じたことのないような刺激が襲ってきたのである。

 

 

ナニ、コレ?

ナニ、この感覚?

ナニ、ナニ、ナニ?

 

 

まるで、24時間歩き続け、砂漠の上にポツンと1人で立ち、そこにペットボトルの水が1つ置かれているような・・・これを飲むのか?飲まないのか?と選択されているような気分だった。

 

 

そして、私はパソコンの隣にあった500mlの水を手に取り、「ゴクリ」と飲んだ。

そしたら、頭の中で「ガツンっ!」とハンマーで殴られたような衝撃を体感してしまうのである。

 

 

あれ!?

 

 

あれれ・・・

 

 

マジか!?

 

 

緊張の糸が一瞬で切れたと同時に、ものすごい勢いで何かが襲ってくる。

 

 

そう、点と点だ。

 

 

・・・ちょっと待てよ。

 

 

もしかしたら・・・

 

 

そうなんだ、そうなんだ、そうなんだ・・・

 

 

ネットビジネスのからくりを知った瞬間でもある。

 

 

私は、「感覚心理」というワードを見つけ興奮していた。そのURLをクリックすれば、まだ見ぬ世界があると思っていた。イメージを膨らませ、思い描いていた世界は、きれいで美しいブログ。

 

 

ヘッダー画像も用意し、テンプレートもしっかりと有料版が使われている・・・誰もが、望むような「おしゃれ」ブログ。

 

 

・・・しかし、現実は、稼いでいないような初心者丸出しのブログが現れたのだ。

 

 

そこで、気付いた。

 

 

そーゆうことなんだと。

 

 

思い返せば、ちきりんのブログもそうだし、イケダハヤト氏のブログもそうだ。

誰もが羨むようなきれいで美しく「おしゃれ」なブログは運営していない。

 

 

でも、月間100万PVを達成している。

 

 

そうだ、この感覚。

 

 

私は、1発で大物と出会ってしまった・・・

 

 

今は亡き、このブログに出会ってしまった・・・・・

 

 

コピーライティングに真摯に向き合い、記事を書き続け、読者から喜ばれるような記事を書き続けてきたからこそ、このブログに出会えたのである。

 

 

神様からのプレゼント。

 

 

「そうだよな、あれだけ頑張ったんだから『次のステージ』に進んでもイイよな?」

 

 

私は、目がショボショボになるまで・・・充血するまで、トイレに行くのが勿体ないくらい、そのブログにかぶり付く。

 

 

心のどこかで「このブログが消されたらヤバイ・・・」と思っていたのだろう。

 

 

急いで、次の記事、次の記事とマウスを握る手は汗ばんでいた。

 

 

やがて、私は、そのブログの有料商品をバンバン購入していた。しかも、高額で独自商品ばかり。

 

3万円

5万円

18万円

28万円

49万円

72万円

 

 

どんどん、購入し、

どんどん、引き込まれていった・・・

 

 

やがて、私は、「フッ」と考えた。

 

 

  • 「なぜ?」この高額商品をどんどん購入してしまったのか?
  • 「なぜ?」購入するのに躊躇しなかったのか?
  • 「なぜ?」一呼吸も置かずに購入ボタンを連打し続けてしまったのか?

 

 

そう、そうなんだよな。

 

 

このブログの著者は、この私の「強い欲望」を知っていた。いや、人間がこのような行動を起こす心理を知っていた。

 

 

 

だから、ブログに「ある仕掛け」をしていたのである。

 

 

 

私は、この「ある仕掛け」を読み解いた。

 

 

  • なぜ、私が、あのブログにたどり着けたのか?
  • なぜ、私が、「感覚心理」というワードで止まったのか?
  • なぜ、私が、ここで立ち止まることを著者は知っていたのか?
  • なぜ、私のイメージを壊し、おしゃれブログにしないのか?
  • なぜ、私が、目が血走るくらい記事を読んでしまったのか?
  • なぜ、私が、高額商品を次から次へと購入してしまったのか?

 

 

・・・そして、気付いたのである。

そう、今は亡きブログで。

 

 

おそらく、この著者は、今でも違うブログで同じ戦略でカネ儲けしているだろう。

でも、この戦略は、今考えると当たり前。

 

 

この「スパイラル方法」を知らなければお金持ちなどにはなれない。

 

 

すべては、私の手のひらに「答え」はある。

そう、まさに、「0と100の世界」。

 

 

最後に。

 

 

欲しがらせることが出来なければお金持ちにはなれない。

新規のお客様ばかりを相手にしていたらクライアントの取り合いだ。

貧乏人が新規顧客であるならば、吸い取るお金などそこには存在しない。

 

 

・・・つまり、お金を持っている人を相手にすれば、例え、72万円の商品だって「一括払い」で購入してくれる。

 

 

私のように・・・

 

 

もし、今のあなたが・・・この「事実」を受け入れられないのであれば、それだけのマインド。

 

 

もし、今のあなたが・・・社畜程度のマインドしか持ち合わせていないのであれば、こんな話、美味しくもないし、ドキドキ・ワクワクもしないだろう。

 

 

もし、今のあなたが・・・成功できる「チャンス」を手に入れる「場所」に今現在、立っているのかどうか?が分からないのであれば、二度と出会うことが出来ないのでそのまま「社畜」として一生過ごしてくれ。

 

 

勿論、強制でもないし、絶対でもない。

だから、この記事をそっと閉じてくれ。

 

 

追伸 1

 

人間は、本音と建前の中で生きている。

 

 

社会で生きていくためには「建前」を全面に押し出さなければ、周りからハブにされてしまう・・・残念な世の中。

 

 

しかし、本音で生きることが出来れば、誰もが得をする。

でも、それが出来ないのは「感覚」の問題。

 

 

つまり、感覚で人は生きている。

上司のご機嫌を感覚で感じ、建前で対処する。

それが、当たり前。それが常識。

 

 

では、どーだろうか?

 

 

建前で生き、それをブログと言うプラットフォームで演じ、それを信じ1人の人間が「メンター」と崇めたら。

 

 

きっと、窮屈でお金を頂くためにはしょうがない・・・と「本音」を漏らしながらネットで生きていくだろう。

そんな人間、腐るほど存在する。世の中にはね。

 

 

でも、建前を殺し、本音で生き、そして、自分のやりたいことだけで「自動販売機」が完成するなら、そんなおいしい話はない。

 

 

また、毎日記事を書き続けなければ収入が得られないといったことも解消できるわけだ、高額商品を次から次へと売り捌けるのであれば。

 

 

イイですか?

 

 

勝ち負けと物事を判断するのであれば、当然、何もしなくとも高額商品がバンバン売れるほうが「勝ち」に決まっている。

 

 

1万円の商品を100個売るのと・・・

100万円の商品を1個売るのでは労力が「圧倒的」に違う。

 

 

・・・でも、100万円の商品を売ることなんて無理!と思っただろう・・・

そんなことは無理?と考えただろう。

 

 

でも、私は、そのブログに「158万円」もつぎ込んだ。

 

 

この事実があれば、私以外の人間も「158万円」をつぎ込んでいるだろう。それが、10人で「1580万円」。

 

 

信じられるか?

いや、信じられないだろう。

でも、事実、私は「158万円」払った。

 

 

あなたに贈る「衝撃的な感覚心理」。

 

 

これを読み解き、そして、実行できるように私が「1から」教えたいと思う。

 

 

すでに、7名の成功者たちには教えた。

そして、成功できなかった23名にも教えてみた。

 

 

すると、どうだろうか?

 

 

成功できなかった23名の内、13名が「覚醒」した。

今現在も、その覚醒状態で仕組みを作っている。

 

 

もう、迷うこともなく、誘惑されることもなく。

 

 

すべてを手に入れた13名は、勝ち組になるだろう。やがて、私に素晴らしい成果を報告してくれるだろう。

今の私は、その報告を受けるためだけに生きている。

 

 

そう、刺激だ。

 

 

刺激は人間を強くする、

そして、大きくする。

 

 

私は、この刺激を求めこれからもどんどん前に進む。私からコンサルを受ける人間は、どんどんラクをし、どんどん収入をアップしていくだろう。

 

 

あーーーーーーーー、

 

 

考えるだけで嬉しい。生きていて楽しいと思うことが、他人の幸せだなんて、こんなにハッピーなことはない。

 

 

それだけ、私の手のひらにある「答え」はお金を運んでくる。のである。

 

 

追伸 2

 

 

もし、私がアフィリエイトを始める前に、そのブログに出会っていたら・・・

「何を意味分からないことを書いているんだ!」と思っただろう・・・

 

 

もし、私が、コピーライティングを始めた頃にそのブログに出会っていたら・・・

「こんなブログでお金が稼げるわけなどない!」と思っただろう・・・

 

 

もし、私が、自己投資を拒み、自己否定もせず、そこら辺のアフィリエイターと同じ価値観しか望んでいなかったら・・・

「こんなブログを運営していては稼げませんよ!」と声を大にして言いふらしていただろう・・・

 

 

つまり、コピーライティングを極め、次なるステージを「強く」求めたから、他のアフィリエイターが「見えない世界」が私には見えたのだと思う。

 

 

それが、究極であり、これ以上ないスキル。

 

 

もしかしたら、この話・・・今のあなたには怪しくもあり、「レベルの高い話」だと感じるかもしれない。

 

けど、今のあなたが望んでいることが、アフィリエイトで稼ぐことであり、稼ぎ方が「何もしないこと」であり、高額商品を売りたいと「強く」望んでいるのであれば、このスキルは身につけていたほうがイイ。

 

 

結局、1万円の商品を売るにしても、5万円の商品を売るにしても商品数としては「1つ」に変わりはないのだから、労力をかけるならば断然「5万円」の商品を「1つ」売った方がイイに決まっている。

 

 

先ほども言ったが・・・

あなたは・・・

 

 

建前で生きるのか?

本音で生きるのか?

 

 

ここが重要ポイント。

 

 

建前なら・・・

 

他のアフィリエイターと同じように、1万円の商品を5個売って5万円稼ぎたい。

 

 

本音なら・・・

 

「そりゃ~5万円の商品を1つ売ったほうが『ラク』だし『カネも稼げる!』

 

誰がなんと言おうとイイに決まっているじゃないか!!!」

 

 

追伸 3

 

今でこそ、こんな情報を自分の中でかみ砕き、理解することが出来ていますが、昔の私は、こんな大口を叩く人間ではありませんでした。

 

 

26歳のときの上司の言葉・・・

 

 

「早く、こっち側の世界に来い!」・・・これが、今でも忘れられない言葉なんです。

 

 

「こっち側の世界」と書くと、ヤ〇ザとかの怪しく、とても怖い印象を受けるかもしれませんが、そうではなく、ただの一般社会の会社の上司の言葉。

 

 

その上司、そのとき、役職が所長で給料が70万円でした。しかも、労働時間はたったの2時間。

 

それで、70万円だったんです。

 

その上司が「早く、こっち側の世界に来い!」と言ったのです。

 

 

私は、当時、右も左も分からないしょうもない人間で、ただ単に、その言葉を・・・

 

「年を重ねればだんだん体力が落ちてくるので、労働収入から抜け出さなければならない」

 

と自分なりに解釈していました。

 

 

でも、深く、深く考えるとそうではなく・・・

 

「右を見たら左を見るだけではなく『斜め上』も見ること」

 

に気が付きました。

 

 

そこで、出会えたのがその「今は亡きブログ」。

本当に、体にイナズマが走りました。

 

 

衝撃を受けました。

 

 

信じられないと思いました。

 

 

でも、『斜め上』を見ると、私のような「感覚」を手に入れている人がこの世にたくさんいるのです。

 

 

つまり、知らなければ前には進めないし、何も変わらない。目の前のことだけを見ていては生き残ってはいけない。

 

 

これからの時代、「AI」があらゆる職業を潰しにかかります。人の力ではなくロボットが職を奪っていくのです。

 

 

必ず、職に就けない人が現れてきます。

それが、すぐ目の前に来ているのです。

 

 

「林修氏がこの世の仕事の99%をAI奪われる恐れがある」とTBS系バラエティ番組『林先生が驚く初耳学』で言ってましたね。

 

 

・・・365日24時間働いてくれるロボットに人間が勝てるわけないんですよね。

どー考えたって、代替のきく職は「効率的に」考えてもなくなっていくのです。

 

 

そのとき、あなたもその「場所」に立っていたら・・・と思うと怖くないですか?

 

 

今は、現実味がなくとも、すぐ目の前までAIが来ているのです。

 

 

もし、今のあなたが「斜め上」を見る思考を手に入れていたのなら、例え、AIが職を奪いに来ても左には行かないでしょ?ってことなんです。

 

 

多くの人が右に行き、AIの存在に気付いた人は左に行く。でも左にも多くの人が「いずれ」雪崩れ込んで来る。

そして、AIの存在を打ち出し、左へ誘導し始める・・・

 

もう、クライアントの奪い合いですよね?

 

 

斜め上の思考・・・あなたにはどのように感じますか?

 

 

今手に入れるか?

その内手に入れるか?

 

 

あなた次第です。

 

 

追伸 4

 

 

※下記のURLをクリックする前に「気付いてほしい」ことがあります。

 

あなたは、下記のURLをクリックした瞬間にこのような感情を抱くはず。

 

 

「メンドクサイ」

 

 

でも、そこで一旦立ち止まり考えてみましょう。

 

なぜ、「メンドクサイ」と感じるのか?

つまり、今のあなたはこんなことを思っているからなのです。

 

 

  • 今日も仕事、明日も仕事。明後日も仕事・・・なので、ネットを見る時間が限られている。私は忙しいんだ!
  • なぜ、自分の感情を「本音」で「顔も知らないパルメル」にさらけ出さなければいけないのか?
  • こんな「メンドクサイ」質問に答えなくとも、もっと簡単にメルマガ登録をして稼げるブログはどこにでもある!

 

 

・・・イイですか?

 

 

今のあなたは、どんな理由であるにせよ、結果を出せていないのが現実。今まで、散々、たくさんのブログも読んできたし、メルマガも呼んできた。でも「事実」今のあなたは成功者ではない。

 

 

なぜか?

 

 

それは、誰かに「本音」をさらけ出さないからです。

 

「本音」をさらけ出すことに「恥ずかしさを抱いている」からなんです。

 

カッコ悪いことだと考えているのです。

 

赤の他人に「本音」をさらけ出すことが非常識だと考えているのです。

 

完璧主義者で、自分の理想とする「成功像」でしか大成することは不可能とまで考えている。

 

 

・・・それは、違うんですよ。

 

早く気付いた方がイイ!

 

 

今のあなたは、自分の中だけで物事を考え完結し、すべてを判断しようとしています。

 

他人には自分のことは分からない!とまで「強く」感じています。

 

でも、自分の見えない「良さ」は他人にしか見えません。

 

 

例えば、今のあなたの「悩み」を私に伝えたとするじゃないですか?

 

きっと、あなたは「私の返答」をいろいろと想像するはずなんです。そして、「予想通り」の返答をしてくると「強く」考えているのです。

 

 

でも、そんなことあり得ないんですよ。

 

なぜなら、あなたの知らない「あなた自身の価値」を私は知っているから。

 

 

信じられないでしょ?

 

ええぇ、そう言っている声が聞こえます www

 

 

じゃ、このように考えてみてください。

 

もし、私が、あなたが知らない「あなた自身の価値」を教え、それが「高額商品」に変わるとしたら???

 

 

つまり、ネットで成功できない人は、自分自身にある経験が「高額商品」として売れることを知らないのです。

 

売り方を知らないのです。

 

高額商品を購入したお客様の「笑顔」が想像できていないのです。

 

喜ぶ姿、感謝されている姿がイメージ出来ていないのです。

 

だから躊躇する、自信がない、怖くなる・・・高額で販売することが詐欺だと考えたり、「悪いことをしている」と考えるのです。

 

 

どうでしょうか?

 

私の言っていること・・・図星でしょ?

 

 

今のあなたの悩み・・・「本音」で教えてください。

 

まずは、そこからです。

 

ここから、あなたは、スタートラインに立てます!

 

 

 

「斜め上の思考」に興味がある人は以下の項目を入力の上、登録ボタンを押してください。

 

「斜め上の思考」の思考を学んでみる

 

※登録ボタンを押してもお金はかかりません。無料です。強制ではありません。

 

追伸 5

 

 

毎日、毎日、記事を書き続けることでしか集客、収益を稼げないと思っているあなた。

 

 

・・・ここだけの話、

別にブログなんて必要ないのです。

 

 

信じられないかもしれませんが・・・

大衆がブログで記事を書くことが「当たり前」のように言っていますよね?

 

記事を書き続けなければ集客も出来ないし、稼ぐことも出来ないと。

 

 

・・・その情報は本当なのか?

正しいのか?ただの労働ではないのか?

 

 

別に、毎日、毎日、記事を書き続けなくともあなたが成功者になることは可能なのです。

 

 

イメージしてほしい。

 

 

もし、あなたのブログから高額商品が売れたとします。

 

 

次の行動は?

どうしますか?

 

 

おそらく、そのお金を使って欲しいモノを買い、豪華な食事をし、気前よく後輩におごったりするのではないだろうか?

 

失敗する人は、必ず、この「負のスパイラル」にハマる。

そして、稼いだお金を広告費に使おうとは考えない。

 

 

だから、いつまで経っても社畜から抜け出せない。

 

 

つまり、稼いだお金を広告費に使えば、どんどんビジネスが加速していくのです。

 

 

あなたは・・・

こんな話を聞いたことはないか?

 

 

月収1,000万円稼いでいる起業家が、もし、今まで構築したビジネスモデルをすべて失ったら、その後、どーやって立ち上がるのか?やり直すのか?復活させるのか?

 

 

・・・聞いたことはないか?

 

 

答えは・・・消費者金融に行き、お金をリボで借りる。そして、すべて広告費に使うと言っているのだ。

 

ココから分かることは、すべてを失っても、広告を使えば、いつでも復活が出来るってこと。

 

 

  • ブログを1から構築する。
  • YouTubeを始める。
  • Facebookを始める。
  • インスタグラムを始める。

 

 

・・・と言ったことはやらない。

 

 

つまり、お金を稼ぐのに「あれもこれも」やる必要などなく、ただただ、「シンプル」に高額商品が売れるレターを書き、広告を使ってリストをとる。

 

 

こんな「シンプル」な作業で成功者になれるのです。

 

 

社員の中に起業するかしないかで悩んで僕のところに相談に来る人がいます。

 

しかし、僕はシンプルにやればいいじゃんと言うだけです。話は5分で終わりです。

 

そうするとみんな拍子抜けして帰っていきます。

 

でもこれはイジワルをしているわけではありません。

 

本当にシンプルにやればいいと思っているからです。

 

なんでもやりたいときにやるのが一番なのです。昔から善は急げといいます。

 

堀江貴文

 

 

もちろん、ブログをやったこともない素人がすぐに成功できるかと言えば無理な話だが、必要最低限のスキルとマインドさえあれば、誰でも成功できるのがネットの世界だ。

 

 

ただ、勘違いしないでほしい。

 

「必要最低限のスキルとマインド」が信じられないほど深く、そして、価値が高いのだ。

 

つまり、そのスキルとマインドこそが高額で販売できるということになる。

 

 

回り道などしなくともただただ、ゴールに向かい、それを「知る」だけで成功できるのだから、何が必要で、何が無意味な作業なのか?分かるだろう。

 

 

 

「斜め上の思考」に興味がある人は以下の項目を入力の上、登録ボタンを押してください。

 

「斜め上の思考」の思考を学んでみる

 

※登録ボタンを押してもお金はかかりません。無料です。強制ではありません。